医院のご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

診療のご案内

しみ治療(外用薬)

一般的なしみ(老人性色素斑)、肝斑、炎症後色素沈着、そばかす(雀卵斑)に対し、外用薬(美白剤)を用いた治療を行っております。当院では、以下の外用薬を処方しております。

※外用薬によるしみ治療は保険適用外です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンには、しみの原因となるメラニン生成を防ぐ働きがあります。一般的な美白化粧品にも配合されている成分であり、当院では4%の塗り薬を処方しております。

お肌のターンオーバーを促進するトレチノインとあわせて使用すると効果的です。

注意点:日光はしみの悪化要因となりますので、必ず日焼け止めを使用してください。

トレチノイン

トレチノインは古い角質をはがし、新しい表皮細胞の増殖を促進する成分です。表皮細胞の入れ替わりとともに、しみの原因となるメラニンを押し出す作用があります。

メラニン生成を防ぐハイドロキノンを併用すると、より効果的です。

注意点:治療開始当初は一時的に、肌の赤み・カサカサの症状が出ることがあります。また妊娠中・授乳中・妊娠予定の方はご使用いただけません。

ビタミンCローション

お肌に浸透しやすいビタミンC誘導体が配合されたローションです。しみの原因となるメラニンを脱色したり、メラニンが新たに生成されるのを防ぐ作用があります。

ハイドロキノンやトレチノインと併用すると、美白の相乗効果が得られます。

また、コラーゲンやセラミドの生成、皮脂分泌を抑える働きにより、小じわの改善・にきび予防・毛穴の引き締めなどの効果も期待できます。

トラネキサム酸ローション

しみの原因となるメラニンが生成されるのを防ぎ、肌のくすみ・赤みに効果があります。広い範囲に塗布しやすいローションタイプです。

《 費用の目安 》 価格は税抜です
診察代は別途となります。
ハイドロキノン 2,000円
トレチノイン 1,000円
ビタミンCローション 1,000円
トラネキサム酸ローション 5,000円

診療のご案内 > 皮膚科一般液体窒素療法スーパーライザー紫外線治療アレルギー検査|しみ治療(外用薬)|日帰り手術光治療光脱毛炭酸ガスレーザー治療ケミカルピーリングファーストピアス男性型脱毛症病診連携

Copyright © Chofu Skin Clinic . All rights reserved.  無断転載を禁じます